【彼氏ほしい高校生のアプリ】ひま部なら学生限定の出会いがある

【彼氏ほしい 高校生 アプリ】おすすめと必見

高校生になって彼氏が欲しいと思うようになった人も多いでしょう。しかし、まだ限られた行動範囲しかない高校生がどのように相手と出会えばいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

見知らぬ土地やよくわからない誘いに乗って、危険な目に遭う可能性も含まれていますが、それをどこで判断すれば良いのかわからないということも多いでしょう。
しかし、高校生であっても付き合っている人は多くいるものです。では、彼らはどこで出会っているのでしょうか。

社会人であれば、人との繋がりも多くなり、出会うきっかけも多いものですが、高校生だと出会う範囲は限られてきます。そこでマッチングアプリを利用したいと思う人も多いかもしれません。しかし、多くのマッチングアプリでは身分証明書を提出する必要があり、年齢制限が設けられていることが多く、利用することができません。

このため、高校生の多くは、塾や予備校、学校で出会うことになるようです。

【彼氏ほしい 高校生 アプリ】ひま部の学生限定トークコミュニティ

マッチングアプリで彼氏を探したいと思う高校生は多いのではないでしょうか。しかし、18歳以上であっても、高校生ではマッチングアプリに登録し、利用することができません。

そう言った声を受けて生まれたのが「ひま部」というアプリでした。
ひま部は高校生が使えるマッチングアプリと似た存在として人気が高く、実際に異性との出会いを探している高校生が利用していました。しかし、この「ひま部」は様々な理由を抱えて2019年12月に閉鎖することになってしまいます。

人気があったアプリだっただけに、閉鎖した後も、後継となるアプリで同じようなサービスを提供して欲しいと再開を求める声が多く寄せられました。そしてひま部の後継の存在として、2020年1月に「Yay!(イェイ)」というサービスが提供されようとしています。

このサービスは、ひま部が閉鎖される段階で、提供が予定されていたようですが、こちらも様々な理由で公開には至らなかったと言われています。

【彼氏ほしい 高校生 アプリ】方法やステップ

まずは彼氏ができないのは、何故なのかを考えてみることが最初のステップです。その理由を知り、どのような対策があるのかを考えてみましょう。

そもそも出会いがなかったり、男性に恋愛の対象として見てもらえていないということはしばしばあります。また、異性と話すことに緊張してしまって、友達としてすら話すことができないという状況では彼氏が欲しくても何も始まりません。

しかし、恋愛の対象として見てもらったり、異性と話したいと思っても、まずは相手と出会わなければなりません。これは行動範囲が限られている高校生にとっては大変なことでもあります。

多くの場合、塾や予備校、バイトなどで出会うことになるでしょう。また部活などで他校に行った時や試合の遠征ということもあるかもしれません。

その場合でも何も話せないようであれば、仲良くなることも相手を知ることもできません。また相手に自分を知ってもらうこともできませんから、まずは色々な話をして異性に接してみましょう。

【彼氏ほしい 高校生 アプリ】出会い

恋人が欲しいと思っても出会いがないというのは、どの世代でも恋人が出来ない理由として最も多いものです。
学校や職場が生活の大半である以上、そこで出会いがなければ、何か出会うための行動をしなければなりません。

高校生が出会いに繋がる場所は、学校の他に塾や予備校、バイト先が考えられるでしょう。
塾や予備校の場合は、年齢が近いことから、考えていることや物事の捉え方が近い場合が多く、話が合う相手を見つけることができるかもしれません。

SNSも同じように出会うきっかけの一つではありますが、匿名性が高いことから、トラブルに巻き込まれる可能性が高く、その判断が難しいことから、慎重に利用する必要があります。

また、以前の学校の同窓会や文化祭、他校で行われた部活の試合などでも出会うことができます。
毎日の学校生活の中に出会いがない場合には、他校の文化祭に出向いてみたり、部活の遠征試合に積極的になることで、新しい人間関係の繋がりができる可能性があります。

【彼氏ほしい 高校生 アプリ】まとめ

高校生になって、恋人が欲しいと思うことはごく自然な流れでしょう。しかし、高校生の場合はまだ行動範囲が狭く、学校生活やバイト、塾や予備校と言った限られた範囲で相手を探すことになります。

年齢が近いことや、置かれている状況が似ていることから、相手を見つけることもできるでしょう。しかし、それでも出会いがないという場合には、マッチングアプリを使いたいと思う人もいるのではないでしょうか。

多くのマッチングアプリでは、18歳以上であっても高校生の場合は登録や利用をすることができません。身分証明書の提出を求められることから、これを偽ることもできません。
それでも恋人が欲しい場合には、自分が恋愛対象として見られる努力をしてみたり、積極的に異性との接点を持つなどの必要があるでしょう。