【恋愛できない女は欠落?】特徴や理由/アセクシュアルの取材について

【恋愛できない女 欠落】取材記事

今、恋愛できない女性が非常に増えています。
実は、性的マイノリティで恋愛ができない人も一定数いる。という事が、最近明らかになってきました。

また、恋愛できない女性の中には、過去のトラウマを抱えた方も多くいます。
はじめに、恋愛感情を持たない「アロマンティック」と呼ばれる人々を取材した記事をご紹介します。

彼らに共通しているのは、人付き合いも楽しいし、セックスも楽しい。でも、そこと恋愛が結びついていない。という意見。
また、人付き合いをどこか、側から傍観しているように感じる。という意見もありました。

本人が選んでそれらの感情になっているのではなく、元から恋愛感情を持っていない人たちが一定数いるのは事実。

アロマンティックは、一見、恋愛に奥手な人々に見えます。しかし実際には、性的マイノリティの一種と考えられます。
元からそうであった人も、何かをきっかけに変わった人もいます。
恋愛をしている側から見ると、恋愛感情を持たない彼らを不思議に思うかもしれませんが。彼らにとって恋愛感情そのものがとても奇妙にうつっているのも事実です。

【恋愛できない女 欠落】理由

恋愛できない。ことに理由がある人たちも多く存在します。

例えば、過去に付き合っていた相手にひどく傷つけられた人。
好きになる事はあっても、その時の記憶がフラッシュバックして距離感を詰めることに対し、恐怖心を抱いていることも。

また、過去に好きだった人を忘れられない。忘れたくない。という人も一定数存在します。
別の人を好きになってしまったら、この想いが嘘になってしまう。死ぬまで彼の事を想っていたい。
そんな思いから、次の恋愛をしない。選択をしている人もいるのです。

そもそも、恋愛に重きをおかない女性も増えてきました。
女性のキャリア推進が推奨され、恋愛よりも仕事に生きる女性が増えたのも事実。
恋愛したいと思っていても、仕事が忙しすぎて、出会いの暇さえ作れない。なんて人もいるかもしれません。

恋愛は、本人の意思だけではできません。好きな相手がいてこその恋愛。
出会うのは、タイミング的な要素も大いに影響します。恋愛したいけど、好きな人に出会えない女性も、意外と多いのです。

【恋愛できない女 欠落】アセクシュアル

最初に紹介した、アロマンティックは、他者に恋愛感情を抱かない人。でしたが、アセクシュアルと呼ばれる人たちもいます。

彼女たち(あるいは彼ら)は、他者に性的感情を抱かないという特徴を持ちます。
アロマンティックであり、アセクシュアルである人もいますし、アロマンティックではあるがアセクシュアルでない人。など。
そのセクシャリティの組み合わせは多岐にわたっています。

恋愛感情を持たない事。を意識的に恋愛していない、生き方の自由。や、クールな性格。として捉えられてしまう事が多いですが。実際の彼らには恋愛感情そのものがない。というのが事実。
そういう生き方があるし、個人の自由。と認めてくれる人が多い中でも、恋愛感情を持たない。という感覚はなかなか理解してもらえないようです。

恋愛がしたくても、好きな人ができない。というのとは違って、彼らは恋愛を求めていません。
彼らには、友愛があり、家族愛があります。
私たちの思い描く恋愛に対する愛情と形は違いますが、愛情の深さは比べることのできないものです。

【恋愛できない女 欠落】特徴

恋愛できない女性には、他にも特徴があります。

最近多いと感じるのは、理想が高すぎて恋人ができないタイプ。

女性の社会進出により、金銭面でも余裕のある女性がかなり増えてきました。

昔のように、養ってくれる男性を必要としている人はあまり多くありません。
彼女たちは、自分の価値に見合う人を追い求めるあまり、理想ばかりが先行してしまいます。
好きという感情の前にステイタスが邪魔をして、なかなか人を好きになれない。という事が起こります。

また、生活が満たされているので、そもそも恋愛をそれほど必要に感じていない人も一定数存在します。

逆に、自分に自信がなさすぎるのも考えものです。
私なんかが。という考えが先行して、なかなか恋愛まで発展する事がありません。
このタイプの女性は、見た目や、性格に自信がないあまりに、恋愛はもとより、人付き合いに対して臆病になってしまいがち。
なかなか、そこから恋愛に発展するのは難しいでしょう。

【恋愛できない女 欠落】大人

学生の頃は恋愛を楽しめていたのに、大人になってから恋愛できなくなってしまった。という人も。

彼女たちの多くは、次に付き合った人ともしかしたら結婚するのでは。と、先の事まで深読みしてしまった結果、恋愛に対して慎重になりすぎています。

子供の頃は、両思いになれただけで嬉しかったのに、大人になるとなぜか、結婚や将来の事ばかりが脳裏をかすめてしまい、恋愛できない女性が増えているのです。

また、今まで、恋愛をしてきたからこそ悩んでしまう人も。
経験があるから、好意を素直には受け取れず、変に勘ぐってしまったり、気持ちを確かめたくてわざと冷たくしてしまったり。

大人になって、素直になる事が難しくなった。と感じているようです。
これが最後の恋愛だと思うと傷つくのが怖くて、動き出せないことも。

大人になってからの恋愛は、とにかく考えないこと。これが一番難しいかもしれませんが、自分の気持ちに正直になる事。
これが、恋愛への近道かもしれません。

【恋愛できない女 欠落】セフレ

いつも、好きな人の本命にはなれないと悩む人もいます。
いわゆる、セフレの関係になってしまう女性たち。

恋愛したいのに、この関係から先に進めないのだとしたら。
もちろん相手にも問題はありますが。もしかしたら、あなた自身が彼にとって都合の良い存在になっているのかも。

自信がないから、相手の望む事を何でもしてしまう。自分の意見が言えず、相手の思い通りに動いてしまう。
相手との間に上下関係がある以上、そこから先に進む事はありません。

勇気は要りますが、本気で関係を改善したいと望むなら、相手の都合に振り回されない事。
本当にあなたを大切にしてくれる相手なら、絶対にあなたを失いたくないはず。

口先だけの言葉には惑わされず、関係を改善しようとしているあなたに真摯に向き合ってくれるかどうかが大事。
もしそうでないのなら、最初は寂しいかもしれません。でも、そこにいても、幸せにはなれない。
勇気を出して、あなたを大切にしてくれる相手との新しい恋愛に一歩踏み出してください。

【恋愛できない女 欠落】まとめ

恋愛できないと悩む女性は案外多いです。
彼女たちに何か欠落があるからではもちろんありません。

もし性的マイノリティであるならば、恋愛をするしないという選択自体がナンセンスです。
自分が一番自由で、ありのままでいられるならば、その生き方は必ず尊重されるべきです。

もし、恋愛したいのにできないと悩むのならば。
まずは、何かひとつ、変えてみるのもいいかもしれません。そこから必ず、変化が生まれます。恋愛はタイミング。これはあながち間違いではありません。

行動すれば、そのチャンスは今よりも確実に大きくなります。
すぐに恋愛に発展しなくても、新しい出会いは決してマイナスにはならないはず。

少しずつでも、恋愛が生まれる確率は上がっていくはず。焦らず、まずは素直な自分の気持ちと向き合う事が大切です。